​詩歌 / SHIIKA

其の九

大人になると理由もないのに、ひとり涙が出ちゃうんだ
もしかして君もかい?
友達になろう。

 

 

 


風が俺に問いかける
「何処まで行くつもりなんだい?」
俺は答える
「いつか果てる命なら、行けるところまで行こうと思うんだ」

 

 

 


雨宿りしてる暇はないのさ
雲の上を歩こう

 

 

 


限りなく白い少年に逢いたくて
果てしない旅路へと続いてくこの僕を、走らせているんだろう

 

 

 


この世界で一つのリアルを手に入れろ!
 

 

 


イメージして...現実を蹴るんだ
 

 

 


愛じゃ足りない気がしてた
夢じゃ足りない気がしてた
眠れない夜、君を探してた

 

 

 


「生きる」とゆう事に命を懸けてみたい
 

 

 


俺は此処に在るのではなく
この場所で俺は俺に成るんだ

 

 

 


与えるよりも溺れたのは
あなたが男で、私が女だったから

 

 

 


幸せよりも苦労を選んだ
それが何より幸せだった

 

 

 


子供のように夢を話すあなたがいたから
あなたを嫌いになりきれなかった

 

 

 


春はもうそこまで来ている